2番平木のモトクロス・マニアック

   白いご飯とモトクロスがあれば、おかずはいらない。2番平木の日々の徒然。

プロフィール

2番平木

Author:2番平木
モトクロスをこよなく愛するメタボ40代半ばの独身ポストマン。
愛車は13YZ125と郵政仕様赤カブ110(国産)とアマガエル色のサンクル・バレット。
好き:糖分と脂肪分の多い食べ物。星乃珈琲。右コーナーのブレーキターン。深津絵里。
嫌い:健康的な食べ物。スタート。マディコンディション。上り下り。すぐ焼ける軟弱なクラッチプレート。
性格:ナチュラルボーンいい人。ごくまれに九州男児。
近況:築50年のアンティーク新居にてガレージライフを満喫中。次はピックアップトラックが欲しい(国産限定)。が、ちっとも見つからない。困った。
(文責:管理人)



最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / --:-- (--)
/
プロBMX・MTBライダー栗瀬裕太選手が、今からの若いライダーの為に凄いパークを’ほぼ’完成に!
夢を託すって言うのは出来るけど実行するのは本当に凄く大変だと思います!
しかも現役で!!!


しかし完成にはコレが無いと意味が無いほどの事みたい。
8966323251_112b7b5662_z.jpg
手前が6メートルで奥くが8メートルスタート台。

この8メートルが世界基準みたいです。
動画のインタビューで、スタートの4漕ぎと3漕ぎで決まるぐらい重要みたい。

そして資金集めのサイトがありますので、もしよろしければ。

YBP(Yuta'sBikePark) の完成に向けて「8m級スタートヒル建設プロジェクト」が、クラウドファンディング『­CAMPFIRE(キャンプファイアー)』で立ち上がりました。

クラウドファンディングとは、サイト上に投稿されたプロジェクトに共感して、そのプロ­ジェクトの支援金額に応じたリターンを選択することで支援が可能という仕組みのサービ­スで、各プロジェクトに定められた募集期間中、目標支援金額に到達した場合のみ支援金­を手にすることが出来るというものです。

今回のチャレンジは、本日6月18日(火)から7月31日までに(スタートヒル建設費­用+諸経費)目標金額1,572,000円を集めることです。プロジェクト&リターン­の詳細は、キャンプファイヤーのサイトをご確認下さい。

■「YBPプロジェクト」について
2011年12月から本格的に動き出した「YBPプロジェクト」。それは、プロBMX­・MTBライダー、栗瀬裕太がプロデュースするコース「Yuta's Bike Park」、通称「YBP」に、世界基準の「BMXレースコース」と「ダートジャンプ­コース」を建設し、世界に通用するライダーを輩出することを目的としたプロジェクトで­す。

これまでおよそ、1年半をかけて、レースコースを、ほぼ完成させました。残すは、BM­Xレース用のスタートヒルの建設のみです。

オリンピック種目でもあるBMXレースでは、「スタートを制すものは、レースを制す」­と言っても過言ではないほど、スタートが重要な鍵をにぎります。よって、世界を目指す­ライダーたちは、スタート練習を最も重要視しているのです。

しかし、日本には世界基準の8m級スタートヒルが存在しません。そこで、YBPのコー­スに8mのスタートヒルを建設し、世界で通用するライダーを輩出していきたいと思って­ます。

プロBMX・MTBライダー 栗瀬裕太
06 / 19 / 10:51 (Wed)
コメント (0) / トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿







トラックバック

http://2banhiraki.blog102.fc2.com/tb.php/547-b009fa63


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。